記事詳細ページ

ヘッダー画像

4月11日 温湯消毒

4月11日 温湯消毒:画像

塩水選と並行して、私はお風呂でホカホカ。
おいおい、ダンナを働かして何やっているんだ!?
いえいえ、私も働いているんです。


稲にはいろいろな病気があります。
種籾が保菌しているかもしれない病原菌は、
殺菌剤などの農薬を使って消毒する方法が一般的ですが、
なるべく農薬を使いたくない!ってときに用いるのが「温湯浸法(おんとうしんぽう)」。


発芽力を損なわずに、病原菌をやっつける
微妙な温度を加えて消毒する低温殺菌で、
パスチャライズ牛乳や日本酒の火入れと同じ方法です。


温湯浸漬の機械は40〜50万円。う〜ん高い!
代わりに活躍するスーパー農具が、お風呂なのであります。


きっちりと温度を測って、タイマー片手にジャボーン!


種籾袋6袋を手に上げ下げし、万遍なくお湯を行き渡らせます。


浮力があるのでお湯の中では軽く感じるけれど、
引き上げる時や外の作業場との運搬がナカナカ重たい。


60℃〜64℃で7〜10分間
。発芽率を下げずに効果を出すために、時間と温度は慎重に。


浸漬時間の他に、もう一つ大事な「時間」が、塩水選を開始してからの経過時間。

種籾が水分を吸収した後は熱に弱くなってしまうので、
塩水選後1時間以内に温湯消毒を終わらせないといけない、いわば時限爆弾です。


特にもち米は高温に弱く、大失敗して発芽してくれなかった経験があります(-_-;)
今年はきっと大丈夫!


塩水選担当のダンナと連係プレーが上手くいき、スムーズに全量を一日で終了。
お疲れ様でした!の4月11日でした。

2013.04.22:[米穀]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
浦田 優子:画像

浦田農園blog

 目指すは、日本一 幸せを届けられる農家。  今や 安心・安全は..

(C)やまがた食産業クラスター協議会事務局 [login]

合計3,143,937件 (2011.08.23〜) 今日864件 昨日1,417件 記事1,729件