記事詳細ページ

ヘッダー画像

置賜はおいしい?

おはようございます!

 

昨日は米沢牛生産者の表彰式がありました。

昨年行われた枝肉共進会や共励会で

チャンピオンを取った人を表彰するものです。

 

表彰式と一緒に講演会も開かれるので

9代目は3日連続で勉強してきました。

置賜食のプロジェクトをコーディネートしている方の話だったそうです。

 

日本人で米沢牛という言葉を耳にしたことがある人は多いと思うけれど、

置賜という言葉は知名度が低いのが現実。

(置賜は山形県の南部三市五町の地域のことで米沢牛の産地です)

ところが「おきたま」という響きを聞くと

「おいしそう」と感じる人が7割だそうです。

置賜の食を売り込むのに可能性を感じる、という話があったようでした。

 

他県出身の私が思うに、

米沢の人はアピールすることが出しゃばりのように感じる傾向があるように感じます。

自慢しているように思うのでしょうか。

自分の育てたものを語るということは自慢ではなく、

よりおいしくいただいてもらうためにも必要なことだと思います。

 

ただ何となく農業をしている…というのでは語れるものはないかもしれません。

「自分は農家に生まれたからやってるだけ」という人でも

本当はそうではないと気付いてほしいです。

心の奥底に「やってみてもいいかな」という自分の気持ちがあるからこそ、

仕事を継いでいるのだと思います。

 

そう気づけば「ではどうしてやってもいいかな」と思ったのか考えていけば

自分なりの農業への気持ちがわかってくるのだから

それを大切に仕事に取り組めば必ず食べものに伝わると思うし、

伝える機会があればその気持ちを語れば良い。

そう思います。

 

あっ。大事なことですが、

置賜のことをあまり知らない方へ。

本当に食べもののおいしいところですよ♪

2014.02.22:[畜産物]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/管理者の承認後に公開
じっしょ新入りの部屋―米沢牛との生活+α:画像

じっしょ新入りの部屋―米沢牛との生活+α

2007年に米沢牛農家へ嫁に来ました。千葉県の非農家で育ちましたが、動..

(C)やまがた食産業クラスター協議会事務局 [login]

合計3,202,485件 (2011.08.23〜) 今日701件 昨日886件 記事1,743件