記事詳細ページ

ヘッダー画像

勉強になった東京の枝肉市場

おはようございます!

 

一昨日に東京一泊してきた9代目。

枝肉市場の方々に大変お世話になりながら

来月13日に行われる米沢牛青年部の共進会の段取りをしてきました。

 

東京はたくさんの枝肉が集まるところ。

全国の牛飼いを相手にしている市場関係者の方は

さまざまな要望があるのだろうけれど

米沢牛のことでたくさん時間を割いてくださって

感謝ばかりです。

 

来月は盛り上がるといいなぁ。

 

他の産地の枝肉も見られることが東京で学べることでもあります。

昨日は「脂の良いのはどれですか?」

と聞いたところすぐに「これ」と教えていただいて

「こういう脂なんだ」とすぐわかったそうです。

 

霜降り肉の脂というと掌に置いたら溶けるなどイメージがありますか?

枝肉の競売では脂の柔らかさは求められるようですが

教えていただいた枝肉の脂は柔らかいのに粘りみたいなものがあったそうです。

 

こういう知識を得て

今後の仕事に役立てたいと思います。

 

 

 

2014.02.27:[畜産物]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/管理者の承認後に公開
じっしょ新入りの部屋―米沢牛との生活+α:画像

じっしょ新入りの部屋―米沢牛との生活+α

2007年に米沢牛農家へ嫁に来ました。千葉県の非農家で育ちましたが、動..

(C)やまがた食産業クラスター協議会事務局 [login]

合計2,976,445件 (2011.08.23〜) 今日360件 昨日1,058件 記事1,676件